人気ドラマの「家売るオンナ」は、放送当時から注目が高かったです。
放送期間は2016年7月13日から9月14日までなので、もう最終回を迎えて放送は終了したドラマですが、いまだに色あせない名作ドラマです!

今回は、そんな「家売るオンナ」のストーリーや感想をご紹介します!

ドラマ版「家売るオンナ」のストーリー

主人公の天才的不動産屋・三軒家万智(北川景子さんが演じています!)には売れない家はないという設定です。

客の抱える個人的な問題も察知して関わりながら「家」という人の人生のうちの大きな買い物を、型破りな方法や手段で豪快に売りまくります。

主人公の働き方や生き方に、次第に周りの人間も影響を受けて感化されていく。

・・・というのが基本的なストーリーです。

いってしまえば家を売る営業ウーマンがお客さんや周りの人の人生にも影響を与えながらバリバリ働いて突き進むというドラマです。
放送開始前から話題性があり、初回視聴率は当時のシーズン放送したドラマの中で初回1位を獲得しました。

家売るオンナの主演は北川景子さん!キャストをチェック

主人公は、可愛らしいキュンキュンしてしまうようなタイプの女性とは程遠く、部下への態度はどこか冷たく一見キツイ上司・・・といった感じです。
最近は美人な女優さんが、仕事はできるけどキツイ性格だったり淡泊だったり冷たかったりする主人公を演じるドラマが多い気がします。

家売る女もまさに主人公のキャラクターは今のトレンドを満たしているというか、2016年のドラマなのである意味では先駆け的位置づけのような気もします。

時代・・・なんでしょうか。というか多分、「可愛くてキュート♪」「恋愛に一途で恋愛大好き♪」「か弱くて男性に守られちゃう♪」みたいなタイプの主人公は女性がバリバリ社会進出して働く規模が大きくなっている現代では、メイン視聴者層である女性からウケない(どころか反感を買う可能性すらある)からかもしれません。

家売る女に主演した女優・俳優さんはこちら。

北川景子さん
工藤阿須加さん
仲村トオルさん
イモトアヤコさん
千葉雄大さん

それから脇役ではありますが、今注目の新木優子さんも出演しています。

実力派と呼ばれている方々をキャスティングした感じです。基本的に北川景子さん演じる主役がずば抜けて「デキる人」といったポジションなので、周りを固めるキャラクターはどこか抜けていたり、そもそもやる気がなかったりして、それぞれのキャラクターがいい感じにお互いの個性を引き立てています。

家売る女の感想

家売る女は、営業ウーマンの主人公が、すごい手腕で家を売っていくという話です。
「家」を買うというのは、現代の日本ではそれほど定番の選択肢ではなくなっているようです。むしろ若い世代だと、家を買うよりは賃貸で暮らすという考えを持っている方々も多いらしいです。

数十年前の価値観からいえば、家は家族の夢でもあったので、新しい価値観の時代といえます。
そうなると必然的に家を売るのは昔と比べて、難しいことになります。
昔は黙っていても家を欲しいと感じる層がたくさんいたわけですが、今は、家は持たなくても良いという層が多いということで、家を売る仕事をする営業職は努力をしないといけません。

そんな、難しい商材「家」を華麗に売っていく主人公!
とてもカッコいいです!
こんなカッコいいキャリアウーマンになれたらいいな、なりたいな、という憧れを形にしたドラマというイメージです。

例えばアメリカのヒーローものの映画を観てこんな風に「ヒーローになりたいな」と考えたことがある子どもは世界各地にいるはずです。その無邪気な子ども心、かっこいいものに憧れる心の、大人版というのでしょうか。
女性もバリバリ働く時代だからこその、女性に夢をみせるドラマでもあるかもしれません。

男性はシンプルに、主人公に対しキレイだな、美人だなという感想を抱くはずですが、主人公に「共感」できるのはおそらく働いている、もしくは働いた経験がある女性です。

女性の心に響く作品だと、感じます。

ドラマの話自体もおもしろいです。
家を売る対象、すなわち客との関りでドラマが展開していくので、客次第でまた話の流れも変わります。
だから飽きがこないで見続けることができます。

気軽に観ることができる、基本的な方向性はコメディというドラマなので、あまり難しいことを考えずにドラマを楽しみたいならピッタリではないでしょうか。

「ものすごく楽しい!!」という感じかというとまた全然違うベクトルですが、連続ドラマのイメージで考えると、おもしろい、楽しい、魅力的な作品です!
多くの方に好まれるのではないかと感じます。

家売る女はおもしろい!実際評判もとても高い!

最近ではテレビドラマを自宅でリアルタイムで観る層が減っているようです(あとでビデオオンデマンド等で見逃し配信を視聴することもできるので)

そのため放送期間中の視聴率がずっと2ケタに行かない作品も珍しくありませんが、家売る女については2ケタに届かなかったのは1回だけです。しかも、その1回もあと0.5%で2ケタの、9.5%だったので、放送期間中、基本的に視聴率は良いドラマでした。

実際、評判も良かったです。
ドラマにイモトアヤコさんをキャスティングしたことでも話題になっていました。

2016年の第90回ザテレビジョンドラマアカデミー賞では、家売る女が最優秀作品賞を受賞しました。
そして、主人公を演じた北川景子さんは主演女優賞を受賞。
それだけではなく、イモトアヤコさんは助演女優賞を受賞しました。

さらに家売る女は監督陣も監督賞を受賞しています。それくらい評価が高かった作品です!

「リアルタイムでは観なかった」「興味はあるけどまだ観ていない」という方は、早めの視聴をおすすめします!

話の面白さだけではなくファッションや髪型も注目!?

家売る女の注目ポイントは、ストーリーや話のおもしろさ!というのはもちろんですが、それだけではなく主人公を演じる北川景子さんのファッションや髪型も注目ポイントです。

家売る女のときの北川景子さんの髪型は、ミディアムヘアで前髪は大胆な斜め分けでおでこを出しています。
毛先は軽く癖づけされていて、海外の女性のように髪の毛が柔らかい、ナチュラルな癖毛にみえます。いわゆる大人っぽいキレイめな髪型で、THEできる女の髪型!!

バリバリ働き仕事のできる主人公の髪型にピッタリです。

家売る女の北川景子さんの髪型も評判が良かった!

実際に、放送期間中は家売る女の北川景子さん風の髪型が人気になったようで、美容室で似たカラーや髪型をオーダーする女性もいたようです。
特集のように取り上げられる場面もありました。

女性の中での注目も高かった家売る女。
これから視聴するなら、北川景子さんの髪型に注目してみるのはいかがでしょうか!

家売る女はドラマとスペシャルドラマ版がある?

2017年5月26日には、家売る女の続編、「帰ってきた家売るオンナ」がスペシャルドラマとして放送されました。

※以下は、連続ドラマのほうのネタばれとなる内容を含みます!!

連続ドラマをみていない方でネタバレ嫌だという方は、飛ばしてください!!

このスペシャルドラマは、北川景子さん演じる主人公と、当時の課長が(物語の舞台となった)不動産会社の営業所を去ってから2年が経過したという設定でスタートします。
主人公は都内の海岸沿いにある不動産会社の社長となって穏やかな生活をしています。それに対し物語の舞台となった不動産会社の営業所は営業不振に陥ち、窮地に立たされています。
この状況を救って欲しいと、当時の主人公の部下が主人公のもとに助けを求めてやってきます。主人公はその翌日に期間限定のバイトとして復帰。一癖ある客に早速家を売ります。スペシャルドラマの物語は、この期間限定復帰した主人公が再び家を売る営業の世界で巻き起こす色々なことや客との出会いが話の主軸です。

家売る女は家を売るというストーリーのドラマということ、客によって様々な背景があり、物語が展開していきます。
つまり、客によって物語が変わるのですが、スペシャルドラマもその流れが同じで話に深みがあって楽しむことができます。

家売る女を視聴する方法

既に放送期間は終了しているので、家売る女を視聴するにはレンタルビデオ店でレンタルするか、ビデオオンデマンドという方法になります。

ビデオオンデマンドで家売る女が配信されているのはこちら。

ビデオオンデマンド名 月額  無料期間
Hulu(フールー) 933円 2週間
dTV  500円~ 31日間

どちらも有名どころのビデオオンデマンドで、無料期間が用意されています。
家売るオンナは全10話なので、無料期間中でも全話視聴することは可能です。無料期間中に解約すれば、実質無料で家売るオンナを楽しむことができます。

ちなみに家売るオンナのスペシャルドラマについても、Hulu、dTV両方で配信されています。

つまり、HuluかdTVのどちらかに加入すれば、連続ドラマ版もスペシャルドラマ版も、両方の家売るオンナをまるごと楽しめるということになります!

「まとめ!」名作は放送終了後も色あせない!

今回の記事では、ヒットドラマとなった「家売るオンナ」のストーリーやキャスト、そして感想や視聴方法をご紹介しました。
レンタルビデオ店でレンタルするという方法もありますが、ビデオオンデマンドで手軽に視聴することもできます。

家売るオンナを視聴するときには、主人公を演じた北川景子さんの髪型にも要注目!
おしゃれで素敵です。

家売るオンナは放送期間中から人気があり評判が良かったです。
おもしろいドラマ、名作ドラマは時が流れても色あせません!

いつ観てもきっと楽しめる!家売るオンナは多くの方にとってそのようなドラマなので、これから視聴してみたいという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。